MURO / "I LOVE 45'S PT.1"

「ドーナツ盤にありったけの愛を込めて」

現場でも7インチ・セットを得意技のひとつとするKING OF DIGGIN=MUROが、大好評企画の『I LOVE 45'S』を遂に再開!その昔・・・33回転の US盤12インチ・シングルやアルバムを2枚がけするのが定番だった頃(主に90年代)、45回転盤はどちらかというと、現場のDJたちに敬遠されていました。

その頃には45回転メインのバトルDJなど殆どいなく、(元々はジュークボックス用だった)ドーナツ盤は単にサイズが小さいという理由でスクラッチには向いてないとされていました(ビズ・マーキーのように12インチの厚紙を貼り付けて豪快に擦る者もいましたが・・・)。しかしながら、収録時間が短いという短所こそあれど、UK盤の12インチ、45回転盤は原理的にやはり「音が良い」ということには誰もが気付いていました。

MUROの場合は、映画『サタデーナイト・フィーバー』にもあったようにディスコDJがかけ終ったお皿をフリスビーのように次々とポールに投げていく「定番の画」や、心の師の一人であるマーク・ザ・45キングのDJイングに憧れて、ソウルからレゲエ、ドメスティック物までを「12インチで持ってても、なお7でもコレクト」するようになったと言われています。もちろん彼のプレイ・スタイルはディスコDJのそれやソウル系のラウンジ DJのそれとは異なりますが、7インチならではのセレクト(レア曲や、レア・ヴァージョンが多い)と構成で魅せてくれるのは言わずもがなかと。この「帰ってきた45RPM」ミックスも、そんな7インチ・アナログならではの「暖かく、かつシャープなサウンド」がしこたま味わえます。

最早「固体性能」と化したGM(グルーヴマスター)の持ち物らしい針音、ノイズの演出もあり、スウィート・ソウル中心のセレクションにさらなる説得力を与えています。全てにおいてデジタル化され、スクエアで均質的な音が良しとされつつある現代において、いくらそのソフトがデジタルだろうと人肌=アナログの温もりをそこに求めることは土台無理な話なのでしょうか?いえ、そんなことはありません。ソウルフルな音楽、そしてソウルフルな選曲にミックス、ソウルフルな音質はここにあります!

※当店は実店舗と在庫を共有しておりますので、オーダー受付後でも

販売済みとなっている場合もございます。予めご了承下さい。

  • 1,620円(内税)